北朝鮮問題の情勢変化 – 浅川公紀 – BLOGOS

Home » 北朝鮮 » 北朝鮮問題の情勢変化 – 浅川公紀 – BLOGOS
北朝鮮, 北朝鮮vs米国 コメントはまだありません



◆トランプ政権  対朝強硬派人事

 トランプ米大統領は3月8日に、5月までに金正恩朝鮮労働党委員長と米朝首脳会談を行うのを受諾したことを明らかにした。トランプは、訪米した韓国代表団から同日に伝えられた金正恩会談の会談意向に、その場で応じた。トランプは「恒久的な非核化のために金氏と5月までに会う」と述べた。金正恩がトランプとの会談を望んでいるとの情報は、中央情報局(CIA)が事前に掴んでいた。

 トランプは3月10日のペンシルバニア州での支持者集会では、「私が早々と立ち去るかもしれないし、我々が着席して世界にとって最高の合意をするかもしれない」と語り、米朝首脳間決裂、成功の両方の可能性を示唆した。トランプは「(非核化に)合意できるまで制裁は続けるが、(米朝首脳)会談は計画中だ」とツイートした。現職の米大統領による北朝鮮の最高指導者との会談は、今まで一度も行われていない。米国と北朝鮮の首脳はこれまで電話会談もしたことがない。

 トランプは13日午前9時前にツイッターで、マイク・ポンペオCIA長官を新しい国務長官に指名すると発表し、政権の外交政策チームを一新することを明らかにした。新たに米国務長官に起用されたポンペオは対朝政策で対話重視だったティラーソン国務長官と異なり、北朝鮮に対しては早期の軍事攻撃を主張してきた。

 トランプは22日夕、自身のツイッターでトランプ政権の外交・安全保障を取り仕切るマクマスター大統領補佐官(国家安全保障担当)を4月9日付で解任し、後任にジョン・ボルトンをあてることを明らかにした。ジョージ・W・ブッシュ政権では国務次官(軍備管理・国際安全保障担当)、国連大使を歴任、15年のイラン核合意の破棄も訴えている。トランプにとってはこの1年2ヵ月で3人目の国家安全保障問題担当補佐官となる。

 また国家安全保障担当の大統領補佐官になったボルトンは北朝鮮に対する先制攻撃の正当性を主張しており、ポンペオと共に北朝鮮に対する強硬派である。2人とも、北朝鮮が2018年に入って外交攻勢、対話路線を進めているのは、核、ICBM(大陸間弾道ミサイル)開発のための時間稼ぎにすぎないという冷めた見方をしている。ポンペオは1月の時点で、北朝鮮が米本土を核攻撃する能力を獲得するまでに数ヵ月しか残されていないという危機感を表明していた。

 北朝鮮が本当の意味での非核化に合意しなければ、米朝首脳会談は決裂するリスクが高い。そうなると、米国の北朝鮮に対する軍事攻撃の可能性が高まることになる。少なくとも、トランプ政権は外交・安保スタッフの中枢人事に対朝強硬派を起用することで、北朝鮮への無言の圧力を強めている。

 一般教書演説で、トランプは北朝鮮問題について異例の5分もの時間を割いた。飢餓に苦しみ列車に轢かれて左手脚を失い中国と東南アジアを経由して韓国に亡命した脱北者の男性、北朝鮮で起訴、1年半収監され昏睡状態で釈放され帰国した後に死亡した米国人青年オットー・ワームビアの両親をゲストに呼び、北朝鮮の金正恩政権の国民を抑圧する性質を非難した。

 トランプは、過去の北朝鮮政策について、「自己満足と譲歩は攻撃と挑発を招くだけだ。私は過去の政権の過ちを繰り返さない」と述べた。また。北朝鮮の核・ミサイルが「もうすぐ米本土を脅かす可能性がある」と警戒感を示し、「それを防ぐため、最大限の圧力をかけ続ける」と強い決意と厳しい姿勢で臨む方針を示した。北朝鮮とイランは「ならず者国家」という位置づけで、これは昨年12月の国家安全保障戦略でもそのように規定されている。






コメントを残す