河野外相「南北会談で日本人拉致問題提起を」(中央日報日本語版)

Home » 媒体 » 中央日報日本語版 » 河野外相「南北会談で日本人拉致問題提起を」(中央日報日本語版)
中央日報日本語版, 韓国, 韓国・北朝鮮 コメントはまだありません



河野太郎外相が韓国の康京和(カン・ギョンファ)外交部長官に対し、今月27日に開催される南北首脳会談で日本人拉致問題を扱うよう公式的に要請した。

日本メディアによると、河野外相は11日午前、ソウル外交部庁舎で開かれた韓日外相会談で、「南北首脳会談で日本が抱えている(問題の)拉致問題を必ず取り上げることを望む」と述べた。

河野外相のこうした要請に対する康長官の具体的な返答内容は確認されていないが、両外相は拉致問題解決のために協力することで意見が一致したと、日本経済新聞は伝えた。

前日から2日間の日程で訪韓中の河野外相は康長官との会談に続き、この日午後の文在寅(ムン・ジェイン)大統領との会談でも北朝鮮側に日本人拉致問題を提起するよう要請すると予想される。

【関連記事】



コメントを残す