米中貿易戦争で分かる日本人の民族性―米華字メディア

Home » 媒体 » レコードチャイナ  » 米中貿易戦争で分かる日本人の民族性―米華字メディア
レコードチャイナ  コメントはまだありません



2018年4月9日、米華字メディアの多維新聞は、「米中貿易戦争から日本の国民性が分かる」とする記事を掲載した。

記事は、「貿易戦争は経済にとって良いことではなく、米中という2大経済大国による貿易摩擦は国際的な貿易にも影響を及ぼす」と指摘。「多くの国が心配している中で、日本のネットユーザーの反応は非常に意外なものだった」とした。

記事は例として、日本のネットユーザーが残した「中国頑張れ」「米国に対して強く出られる中国がうらやましい」といったコメントを紹介した。その上で、「これまでは中国が問題に直面すると、日本メディアやネットでは『不幸を喜ぶ』姿勢が多かった」とし、今回日本人の反応がこれまでと異なっている理由について、「日本もかつての貿易戦での被害者であることも関係している」と指摘した。ただし、「『うらやましい』という心理にはさらに多くのことが関係している」とも。

記事は「矛盾だらけの民族性である日本は、歴史的に強者を崇拝し服従する習慣がある。古代では唐を崇拝し、後の日英同盟、日独同盟なども同じ理屈だ」と主張。「同様に第2次世界大戦後は米国の最も良き友人となった」と論じた。

一方で、「日本民族には異なる一面もある」と分析。「軍事や外交面で制限を受けているものの、現状には決して満足しない。中国の台頭後、米国の威嚇はますます強くなっており、日本が『うらやましい』というのは、強者に服従すると同時に、服従したくないという気持ちがあるためで、何でも米国に同調する日本政府の姿勢は国民の反感を買った。日本のネットユーザーは1980年代の日米貿易戦を忘れてはおらず、日本に損失を与えたことを覚えているのだ」と論を進めた。

記事は「日本のネットユーザーの態度の変化から、日本は非常に矛盾した性格であることが分かる。強者に対しては崇拝と悔しさの間で揺れ動いているのである」とし、「国際情勢は絶えず変化している。特に政治や経済の面で激動する中で、日本が直面する外的要素はますます複雑になっているため、この『揺れ』も大きくなっている。これは次に日本を屈服させる国が出るまで続くだろう」と結んだ。(翻訳・編集/山中)






コメントを残す