韓国政府「主要政策方向が示されるか注目」 北朝鮮の最高人民会議

Home » 媒体 » 聯合ニュース » 韓国政府「主要政策方向が示されるか注目」 北朝鮮の最高人民会議
聯合ニュース コメントはまだありません



【ソウル聯合ニュース】韓国統一部の白泰鉉(ペク・テヒョン)報道官は11日の定例会見で、北朝鮮がこの日に開く最高人民会議(国会に相当)の第13期第6回会議で非核化に関する結果が出るかどうかを問われ、「主要政策に対する政策方向などが示されるかに注目する」と答えた。

白泰鉉報道官(資料写真)=(聯合ニュース)

白泰鉉報道官(資料写真)=(聯合ニュース)

 白氏は、北朝鮮の最高人民会議では通常、前年度の予算・決算、当該年度の予算報告および承認、内閣の事業評価と政策方向の提示、人事・組織問題などが扱われると説明。金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長はこれまで8回のうち6回出席したとし、「(金委員長の)出席の有無や議論結果を注視する」と述べた。

 最高人民会議は金委員長も出席した昨年4月11日の会議以来、ちょうど1年ぶりの開催となる。今回は特に、今月27日に南北首脳会談が、5月末か6月初めに米朝首脳会談が控えていることもあり北朝鮮核問題、南北関係、米朝関係と、対外政策に関する内容が扱われるかが関心を集めている。

tnak51@yna.co.kr


















コメントを残す