中国、乗用車の外資規制を撤廃 対米摩擦にらみ22年に – 日本経済新聞

Home » 中国 » 中国、乗用車の外資規制を撤廃 対米摩擦にらみ22年に – 日本経済新聞
中国 コメントはまだありません



 【重慶=多部田俊輔】中国政府は17日、2022年に外資系自動車メーカーが中国で乗用車を生産合弁する際の出資規制を撤廃すると発表した。同年までに電気自動車(EV)や商用車など自動車産業の外資規制をすべて撤廃する。米国との貿易摩擦をにらみ、市場開放をアピールするのが狙い。世界最大の自動車市場で日本勢を含む外資メーカーの経営戦略の自由度が高まりそうだ。

 国家発展改革委員会が新しい政策を発表した。習近平(シー・ジンピン)国家主席が10日に博鰲(ボーアオ)アジアフォーラムで表明した自動車産業などの外資規制の緩和方針を受け、自動車の分野別にロードマップを明らかにした。これまでは外資の出資は50%が上限だった。

 外資規制撤廃の時期は、18年中にEVなどの新エネルギー車、20年にトラックやバスなどの商用車、22年に乗用車とする。中国政府が17年4月に発表した自動車産業の中長期発展計画では「25年までの外資規制の緩和」としており、時期を前倒しするとともに撤廃にまで踏み込んだ。

 新エネ車を除き原則2社までだった中国での自動車生産の合弁会社数の制限も22年に撤廃する。ただ具体的な規制緩和の扱いについては「これから公表される詳細な細則などをみないと分からない」(外資系メーカー幹部)との指摘もある。

 過半出資にこだわって中国進出が難航する米テスラなどを後押しする狙いとみられる。一方、外資系自動車大手幹部は「中国側の協力を得られなくなると中国事業にマイナスに働くので、出資比率の引き上げは慎重に考える必要がある」とも漏らす。

 自動車以外でも、18年末までに造船、航空機製造の外資規制を撤廃する。すでに公表した金融以外でも、18年以降にエネルギーや資源、インフラ、交通、流通分野で規制緩和を順次進める方針を打ち出した。

 中国の新車販売台数は17年で2887万台。世界2位の米国の1.7倍、日本の5.5倍に達する。乗用車を中心に独フォルクスワーゲン(VW)、米ゼネラル・モーターズ(GM)、日産自動車ホンダトヨタ自動車が合弁で生産するブランドが上位を占める。

 中国政府の新しい外資規制政策で、日本勢を含む外資メーカーは中国市場での経営の自由度が高まる。合弁会社の出資比率を引き上げることも可能になるが、合弁相手との折り合いをどうつけるかなど、今後の中国事業戦略が焦点となる。






コメントを残す