釜山領事館前の徴用工像設置 韓国外務省が自制求めるも、市民団体「外交的儀礼よりも謝罪と賠償が先」と反発 – 産経ニュース

Home » 韓国 » 釜山領事館前の徴用工像設置 韓国外務省が自制求めるも、市民団体「外交的儀礼よりも謝罪と賠償が先」と反発 – 産経ニュース
韓国 コメントはまだありません



 【ソウル=名村隆寛】韓国・釜山の日本総領事館前に、市民団体などが5月1日に設置を計画している「徴用工像」にからみ、韓国外務省は設置の自制を求める公式文書を17日までに市民団体に送った。市民団体が同日、明らかにした。

 韓国外務省は「外国公館前への徴用工像設置は外交的な問題を起こす可能性が高い」としているが、市民団体は「外交的礼儀よりも謝罪と賠償が先だ」と反発。設置を強行する構えを見せている。強行されれば、日韓の摩擦が再び強まるのは必至だ。






コメントを残す